【NOVの体験談】NOVでニキビを治しました

NOVでニキビが治るのか試してみた体験談です

Author: jaoetdg2

思春期ニキビと大人ニキビの違い

「ニキビ」というと、学生時代にできる「思春期ニキビ」を思い浮かべる人が多いと思います。
でも、ニキビには思春期ニキビだけではなく、大人になってからできる「大人ニキビ」もあるのです。
では、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いは何なのでしょうか?

「思春期ニキビ」は、青春時代真っただ中の学生時代にできるニキビです。
学生時代と言うと、第二次成長期です。成長ホルモンがたくさん分泌される時です。
この成長ホルモンが皮脂線を刺激し、皮脂を過剰に分泌してしまうことで、毛穴が詰まりやすくなり、そこへ「アクネ菌」が繁殖しニキビができるのです。
特徴としては、皮脂分泌が多い額や鼻などのTゾーンに多くできます。
成長ホルモンの分泌が落ち着いてくることで、「思春期ニキビ」はできなくなってきます。

「大人ニキビ」は、思春期ではなく大人になってからできるニキビのことです。
「大人ニキビ」の特徴は、「思春期ニキビ」と違い様々な原因があるということです。
不規則な生活、偏った食生活、ストレス、飲酒や喫煙、化粧品など原因は色々です。
特徴としては、顎やフェイスラインなどのUゾーンに多くできます。

このように「思春期ニキビ」は成長ホルモンが原因で、「大人ニキビ」は様々なことが原因となっているのです。
その為、改善方法にも違いがあり「思春期ニキビ」は、皮脂と水分量のバランスを適度に保つことが大切になってくるのです。
一方で「大人ニキビ」は、生活習慣全体を見直すことが必要となってくるのです。

ニキビの原因を知り、正しくケアすることがニキビを防ぐことへと繋がっていくのです。

ニキビと皮膚科

肌トラブルで多いものと言えば「ニキビ」です。
思春期ニキビに大人ニキビ。治ったと思っても、またすぐにニキビができてしまう。
そんな、繰り返されるニキビに嫌気がさしている人も多いのではないでしょうか。
ニキビは自分で治せる。と思っている人も多いと思います。
でも、ニキビって実は皮膚の病気なのです。
病気ということは、自分で治すのは大変です。
本来は、病院でしっかりと治療を行うことが一番良いのです。

でも、皮膚の病院である「皮膚科」ってあまり行く機会がない病院ですよね?
ちょっと敷居が高いイメージもあります。
でも、ニキビを早く、そして綺麗に治すのであれば皮膚科に行くのが一番なのです。

では、皮膚科での治療はどんなものなのでしょうか。

まずは診察です。
いつ頃できたニキビなのか、大きさやできている場所など、状態を詳しく診察します。
そして、ニキビの状態にあった治療を施したり、薬を処方してくれたりします。
また、ニキビのケア方法についてのアドバイスもしてくれると思います。

皮膚科の先生は皮膚についてのプロです。
間違えたニキビケアを自分でやって、痕が残ってしまうなどの取り返しがつかないことになる前に、専門の知識を持った皮膚科で正しい治療を受けて、早く・綺麗にニキビを治すことが大切なのです。

良くありがちなのが「ニキビを自分で潰してしまい、余計に悪化して痕に残ってしまった。そして、クレーターのような凸凹の肌になってしまった」ということです。
凸凹になった肌を元に戻すのは、とても難しいことです。
そうならない為にも、ぜひ皮膚科を活用するようにしましょう。

ニキビのケア方法

気をつけていてもできてしまう「ニキビ」。
思春期の時も、大人になってからもニキビで悩んでいる人はたくさんいます。
そんな、できてしまった「ニキビ」。
みなさんはどうしていますか?

中には、つぶしてしまう人もいるのではないでしょうか。
でも、これはニキビケアで一番やってはいけないことなのです。

ニキビの先端が白くなり、膿が溜まっている状態のニキビ。
つぶして膿を出してしまった方が、早く治りそうな気がします。
でも、それを自分の手でやってしまうと、爪で肌を傷つけてしまったり、つぶした所からバイ菌が入って化膿したり、ニキビが悪化してしまうこともあるのです。
そうなってしまうと、ニキビが治っても痕が残ってしまい、凸凹のクレーターのような肌になってしまうのです。

では、どのようにケアをすればいいのかというと、ニキビに刺激を与えないようにし、肌を清潔に保ち、うるおいをしっかりと与えることが大切なのです。
洗顔は、よーく泡立てた泡で肌を包み込むようにして、やさしく洗います。
スキンケアも肌への刺激が強いものは避けて、低刺激の優しい成分の物を使うようにしましょう。
また、ニキビが酷い時はメイクも刺激となってしまうので、できるだけしない方がいいでしょう。

でも、次のニキビを作らない為にも「うるおい」はしっかりと与えるようにしましょう。
うるおいは、肌の状態を整える上で最も大切なものです。
うるおい不足になると、新たなニキビをつくる原因にもなってしまうのです。

正しいニキビケアで、美しい肌を目指しましょう。

ニキビの仕組み

誰もが一度は経験したことがある「ニキビ」。
特に思春期はニキビができて当たり前のように思われています。
でも、ニキビができる仕組みというのは意外と知られていないことが多いのです。

ニキビのそもそもの原因というのは「皮脂」です。
何らかの原因で、皮脂が過剰に分泌することから始まるのです。
「思春期ニキビ」の場合は、成長ホルモンが原因となり皮脂を過剰に分泌させます。
「大人ニキビ」の場合は、生活習慣やストレス、化粧品などで皮脂バランスが崩れることで皮脂が過剰に分泌されるのです。

過剰に分泌された皮脂は毛穴に溜まって、毛穴を詰まらせてしまいます。
この状態を面皰(めんぽう)といい、白ニキビや黒ニキビと言われているものです。
その状態にアクネ菌が繁殖して炎症を起こすと丘疹(きゅうしん)という、赤ニキビと言われているものになるのです。
さらに悪化して、膿をもった状態になると膿疱(のうほう)という、黄色ニキビになります。
そして、それ以上に炎症が進むと嚢腫(のうしゅ)、硬結(こうけつ)という状態になり、ニキビが治った後にも、赤みが残ったり、凸凹としたクレーターのような肌になってしまうのです。

このように、ニキビができる仕組みを知ることも、ニキビをケアすることへと繋がっていくのです。
また、痕を残さないようにするためにも、皮脂のバランスをコントロールして、できるだけ早い段階でニキビを治すように心掛けましょう。
その為に、皮膚のスペシャリストである「皮膚科」を受診することも一つの方法なのです。

ニキビの種類

肌トラブルの悩みで多いものに「ニキビ」があります。
一言で「ニキビ」といっても、ニキビには種類があるのです。

簡単に言うと、白・黒・赤・黄の4種類のニキビがあります。

まずは「白ニキビ」についてです。
白ニキビは、初期段階のニキビです。
毛穴が詰まり、皮膚の表面がプクッと少し盛り上がっている状態です。
あまり目立つこともなく痛みもないので、この段階だと、正しい洗顔とスキンケアを行っていれば治すことができます。

次に「黒ニキビ」です。
黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が肌の表面に押し出された状態のものです。
皮脂は空気に触れることで酸化します。酸化すると色が黒くなり「黒ニキビ」となるのです。

そして「赤ニキビ」です。
赤ニキビは、白ニキビが炎症を起こしてしまった状態のものです。
白ニキビが治らずに炎症を起こしてしまうと、プクッと盛り上がった赤いニキビへと進化してしまうのです。
この段階では、痛みはなく、膿も持っていないので、できるだけ刺激を与えないようにして、自然に治るのを待ちましょう。

最後に「黄ニキビ」です。
黄ニキビは、赤ニキビの炎症が酷くなり、膿を持ってしまった状態のニキビです。
ニキビの先っぽが黄色や白色になり、膿がみえる状態になっていて、ついつい潰してしまいがちです。
でも、潰すと痕が残ったり、さらに炎症が進んでしまうこともあるので、自分で潰すことは絶対にやめましょう。
そのような時は、ニキビのプロである「皮膚科」に行って治療してもらうのが、痕も残らず、綺麗に早く治すことができます。