「ニキビ」というと、学生時代にできる「思春期ニキビ」を思い浮かべる人が多いと思います。
でも、ニキビには思春期ニキビだけではなく、大人になってからできる「大人ニキビ」もあるのです。
では、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いは何なのでしょうか?

「思春期ニキビ」は、青春時代真っただ中の学生時代にできるニキビです。
学生時代と言うと、第二次成長期です。成長ホルモンがたくさん分泌される時です。
この成長ホルモンが皮脂線を刺激し、皮脂を過剰に分泌してしまうことで、毛穴が詰まりやすくなり、そこへ「アクネ菌」が繁殖しニキビができるのです。
特徴としては、皮脂分泌が多い額や鼻などのTゾーンに多くできます。
成長ホルモンの分泌が落ち着いてくることで、「思春期ニキビ」はできなくなってきます。

「大人ニキビ」は、思春期ではなく大人になってからできるニキビのことです。
「大人ニキビ」の特徴は、「思春期ニキビ」と違い様々な原因があるということです。
不規則な生活、偏った食生活、ストレス、飲酒や喫煙、化粧品など原因は色々です。
特徴としては、顎やフェイスラインなどのUゾーンに多くできます。

このように「思春期ニキビ」は成長ホルモンが原因で、「大人ニキビ」は様々なことが原因となっているのです。
その為、改善方法にも違いがあり「思春期ニキビ」は、皮脂と水分量のバランスを適度に保つことが大切になってくるのです。
一方で「大人ニキビ」は、生活習慣全体を見直すことが必要となってくるのです。

ニキビの原因を知り、正しくケアすることがニキビを防ぐことへと繋がっていくのです。