肌トラブルの悩みで多いものに「ニキビ」があります。
一言で「ニキビ」といっても、ニキビには種類があるのです。

簡単に言うと、白・黒・赤・黄の4種類のニキビがあります。

まずは「白ニキビ」についてです。
白ニキビは、初期段階のニキビです。
毛穴が詰まり、皮膚の表面がプクッと少し盛り上がっている状態です。
あまり目立つこともなく痛みもないので、この段階だと、正しい洗顔とスキンケアを行っていれば治すことができます。

次に「黒ニキビ」です。
黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が肌の表面に押し出された状態のものです。
皮脂は空気に触れることで酸化します。酸化すると色が黒くなり「黒ニキビ」となるのです。

そして「赤ニキビ」です。
赤ニキビは、白ニキビが炎症を起こしてしまった状態のものです。
白ニキビが治らずに炎症を起こしてしまうと、プクッと盛り上がった赤いニキビへと進化してしまうのです。
この段階では、痛みはなく、膿も持っていないので、できるだけ刺激を与えないようにして、自然に治るのを待ちましょう。

最後に「黄ニキビ」です。
黄ニキビは、赤ニキビの炎症が酷くなり、膿を持ってしまった状態のニキビです。
ニキビの先っぽが黄色や白色になり、膿がみえる状態になっていて、ついつい潰してしまいがちです。
でも、潰すと痕が残ったり、さらに炎症が進んでしまうこともあるので、自分で潰すことは絶対にやめましょう。
そのような時は、ニキビのプロである「皮膚科」に行って治療してもらうのが、痕も残らず、綺麗に早く治すことができます。