誰もが一度は経験したことがある「ニキビ」。
特に思春期はニキビができて当たり前のように思われています。
でも、ニキビができる仕組みというのは意外と知られていないことが多いのです。

ニキビのそもそもの原因というのは「皮脂」です。
何らかの原因で、皮脂が過剰に分泌することから始まるのです。
「思春期ニキビ」の場合は、成長ホルモンが原因となり皮脂を過剰に分泌させます。
「大人ニキビ」の場合は、生活習慣やストレス、化粧品などで皮脂バランスが崩れることで皮脂が過剰に分泌されるのです。

過剰に分泌された皮脂は毛穴に溜まって、毛穴を詰まらせてしまいます。
この状態を面皰(めんぽう)といい、白ニキビや黒ニキビと言われているものです。
その状態にアクネ菌が繁殖して炎症を起こすと丘疹(きゅうしん)という、赤ニキビと言われているものになるのです。
さらに悪化して、膿をもった状態になると膿疱(のうほう)という、黄色ニキビになります。
そして、それ以上に炎症が進むと嚢腫(のうしゅ)、硬結(こうけつ)という状態になり、ニキビが治った後にも、赤みが残ったり、凸凹としたクレーターのような肌になってしまうのです。

このように、ニキビができる仕組みを知ることも、ニキビをケアすることへと繋がっていくのです。
また、痕を残さないようにするためにも、皮脂のバランスをコントロールして、できるだけ早い段階でニキビを治すように心掛けましょう。
その為に、皮膚のスペシャリストである「皮膚科」を受診することも一つの方法なのです。