肌トラブルで多いものと言えば「ニキビ」です。
思春期ニキビに大人ニキビ。治ったと思っても、またすぐにニキビができてしまう。
そんな、繰り返されるニキビに嫌気がさしている人も多いのではないでしょうか。
ニキビは自分で治せる。と思っている人も多いと思います。
でも、ニキビって実は皮膚の病気なのです。
病気ということは、自分で治すのは大変です。
本来は、病院でしっかりと治療を行うことが一番良いのです。

でも、皮膚の病院である「皮膚科」ってあまり行く機会がない病院ですよね?
ちょっと敷居が高いイメージもあります。
でも、ニキビを早く、そして綺麗に治すのであれば皮膚科に行くのが一番なのです。

では、皮膚科での治療はどんなものなのでしょうか。

まずは診察です。
いつ頃できたニキビなのか、大きさやできている場所など、状態を詳しく診察します。
そして、ニキビの状態にあった治療を施したり、薬を処方してくれたりします。
また、ニキビのケア方法についてのアドバイスもしてくれると思います。

皮膚科の先生は皮膚についてのプロです。
間違えたニキビケアを自分でやって、痕が残ってしまうなどの取り返しがつかないことになる前に、専門の知識を持った皮膚科で正しい治療を受けて、早く・綺麗にニキビを治すことが大切なのです。

良くありがちなのが「ニキビを自分で潰してしまい、余計に悪化して痕に残ってしまった。そして、クレーターのような凸凹の肌になってしまった」ということです。
凸凹になった肌を元に戻すのは、とても難しいことです。
そうならない為にも、ぜひ皮膚科を活用するようにしましょう。